「香り かぐわしき名宝」展

11/04/07 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

「香り かぐわしき名宝」展が東京藝術大学大学美術館で始まっている。

5月29日(日)まで。期間中、何度か展示替えがある。


110406kaori26

十一面観音立像 唐時代 七世紀 東京国立博物館

続きを読む »


白金アートコンプレックス合同展「Shuffle」

11/04/04 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

3軒の現代美術ギャラリー、1軒の古美術商、さらに建築事務所が入居している

白金のビル全体を使い、古美術と現代美術を織りまぜた展示をしようという

意欲的な展示「Shuffle(シャッフル)」が開催中だ。

4月30日(土)まで。日・月・祝休廊。

新素材研究所、榊田倫之建築設計事務所は、原則として毎週土曜のみ公開。

詳細はこちら(PDF)


110402shuffle295

長谷川等伯描く柳の屏風。ロンドンギャラリーに展示。

続きを読む »


花澤武夫個展「Forgotten Stories」

11/04/02 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

花澤武夫さん「Forgotten Stories」展。GALLERY SIDE 2 にて、4月29日(金)まで。


hanazawa8

「Alien (hold on to your dream) 」(部分)2010

続きを読む »


中村哲也「炎迅(えんじん)」

11/04/01 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

中村哲也さんの新作個展「炎迅(えんじん)」がギャラリー小柳で始まっている。

5月14日(土)まで。(以下、作品タイトルなどは追記予定)


110331enjin0

「炎迅」シリーズより 2011|polyurethane paint on FRP

続きを読む »


益子も東日本大震災で被害

11/03/30 | カテゴリー:日記的 | | No コメント

先日、若手陶芸家の集合〈イケヤン☆〉の展覧会で、主宰者の青木良太さんと

公開対談をさせていただいたのだが、そのときに知り合った、益子で活動する

陶芸家、田村一さんから益子の震災後の写真が送られてきた。

(以下、写真はすべて、田村一さん撮影)


110331masiko01

今回の震災で廃棄されたものだという。

続きを読む »


【写真帖】シンガポール

11/03/27 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

シンガポールで撮影した写真から。

市の中心部と現在の空港であるチャンギ(CHANGI)空港の間くらいにある

旧カーラン(KALLANG)空港もシンガポールビエンナーレの会場のひとつに

なっているのだが、場所自体もとても写真映えする。

使用カメラ/レンズは、LUMIX GF1 / LUMIX G VARIO 14-45m


110328singa03

Singapore, 2011

続きを読む »


「The Merlion Hotel」の写真シリーズ

11/03/26 | カテゴリー:出張中または旅行中 | | No コメント

西野達さんの作品「マーライオン・ホテル」。

久しぶりにフィルムでも撮ってみたのだ。

そして、懐かしくホックニー先生風につないでみた。

110328merlion

これでも、20mmのレンズを使っているのだが、引きがないので、こんな感じ。

データ:Nikon F3P, Nikkor 20mm F4 絞りF5.6 シャッタースピード1/8
FUJI SUPERIA PREMIUM 400 三脚使用


写真集『豚と共に』山地としてる

11/03/25 | カテゴリー:蔵書紹介 | | No コメント

110324buta4

『豚と共に』私家版 2009年

続きを読む »


『旅』May 2011

11/03/24 | カテゴリー:蔵書紹介 | | No コメント

発売中の『旅』(新潮社 隔月刊)にコメントをした。

連載「旅写真の撮り方」第7回〈写真を見返し、整理する。〉というテーマで

5人がそれぞれ写真の整理・活用法を語っているのだが、その一人として。


110323tabi0

『旅』2011年5月号 新潮社 1,143円+税

続きを読む »


西野達「The Merlion Hotel」

11/03/23 | カテゴリー:出張中または旅行中, 美術展 | | No コメント

今年のシンガポールビエンナーレ(5月15日まで開催中)の目玉企画のひとつ、

西野達氏の「The Merlion Hotel」。

この国の観光名物で伝説の動物の像、マーライオン(上半身がライオン、下半身は魚の像)

を取り込んだホテルを作ってしまったのである。

西野氏のこれまでの仕事、たとえば、スイス、バーゼルの古い教会の塔の先端にある

天使形の風見鶏をまるでテーブルの上のオブジェのようにしたり、

銀座のメゾンエルメスの屋上にある彫刻作品〈花火師〉を部屋に取り込んで、

まるで、白馬の王子様を待つ少女の部屋のように見立てる作品を作ってきた。

彼がまたまたやってくれたのが、このマーライオンホテルなのだ。


110322tmh05

マーライオンの上半身が取り込まれたホテル。

続きを読む »


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes