さて、帰国。

07/05/12 | カテゴリー:未分類 | | No コメント


ニューヨークにはこの25年で、毎年少なくとも1回は来ている。
仕事だったり、遊びだったり。だから今回で30回目くらいかな。
数えてないけど。去年は3回来たし。
長いときは1か月いたこともあり、短いときは2泊4日のときも。
今回は3泊5日だった。
まもなく帰国の便に搭乗し、次のメールチェックは約14時間後の予定。
(JALは機内でインターネット不可なので)


MoMAに行って、NOBUでランチ。そのあとチェルシー。

07/05/12 | カテゴリー:未分類 | | 2 コメント

今の新しいMoMAになってから、何度か来たけれど、また行く。
「COMIC ABSTRACTION」というコミックと抽象画の関係を説く展示も。
ウォーホルやリキテンシュタインの作品などで、コミックとアートを
考え続けてきたMoMAならではの(80年代の展覧会「High & Low」は名作)
新しい切り口といえる。

↑村上隆氏のスプラッシュも2点展示。6月11日(月)まで。

続きを読む »


村上隆新作展の「達磨/お花」は新しい彼を予感させる。

07/05/11 | カテゴリー:未分類 | | 2 コメント

マディソンアヴェニューの方のガゴジアンギャラリーで村上隆個展
「Tranquility of the Heart Torment of the Flesh
- Open Wide the Eye of the Heart, and Nothing is Invisible」を
やっているので、見に行った。

↑達磨の眼のアップ(左)。6月9日(土)まで。980 Madison Avenue

続きを読む »


BLUE MANを見に行った。

07/05/10 | カテゴリー:未分類 | | 1 コメント

↓上演後、シアター前に出てきてくれたブルーマンたち

顔を真っ青に塗ったスキンヘッドの3人組によるパフォーマンス、ブルーマン。
10年くらい前に観たことがあるのだが、また観た。
ニューヨークでもう14年くらいのロングラン。今ではシカゴ、ボストン、
ラスベガス、ベルリン、アムステルダムでも上演しているというからスゴい。
ショーは基本は変わらないものの少しずつ進化しているのもいい。

続きを読む »


ニューヨークに到着。

07/05/10 | カテゴリー:未分類 | | 2 コメント

↓これはもう着陸間近のころ。

タクシイングが始まったころは起きていたのだが、
離陸するときにはもう眠っていて、気がついたらかなり上空だった。

続きを読む »


JALはOne Worldに加盟したんだった。

07/05/09 | カテゴリー:未分類 | | 2 コメント

JALの国際線に乗るのは久しぶり。
マイルは集中的に貯めるのがコツなので、できるだけスターアライアンス系を
使っていて、アメリカにはANAかUA、ヨーロッパへはANAかLufthansaとか
Swiss Airをよく使う。
でも今回のチケットはJALで、そうだ、4月からOne Worldに加盟したはずだ
と思い、チェックインのときに聞くと、British Airにマイルをつけられるとのこと。
JAL MILEAGE BANKにも入ってるけど、主に国内線でしか使ってないし、
そもそも使用の期限もあるので、BAにつけられるようになったのはありがたい。

↑JALのロゴの横にOne Worldのマークが。きっちりBAにマイルをつけた。

続きを読む »


近代日本画は北の丸周辺にあり。東京国立近代美術館と山種美術館。

07/05/09 | カテゴリー:未分類 | | 1 コメント

千鳥ヶ淵の山種美術館に「開館40周年記念展 山種コレクション名品選」を見に
行った。前期:6月3日(日)まで。後期:6月6日(水)?7月16日(月・祝)。

↑東京メトロ東西線・半蔵門線/都営地下鉄新宿線「九段下」駅徒歩12分
ここの所蔵品を北の丸公園の東京国立近代美術館で見たりしたことはあったけど、
直接この美術館に来たのは初めて。開館40周年記念展なので来てみた。
先日のNHK「新・日曜美術館」で山下裕二先生が解説していたこともあって、
平日なのになかなかの人出だった。

続きを読む »


持続する問いかけ「ほんとうの豊かさとは何か?」

07/05/07 | カテゴリー:未分類 | | 1 コメント

本橋成一「写真と映画と」を見に行く。
デビュー作『炭鉱〈ヤマ〉』から、チェルノブイリ三部作、新作「バオバブ」まで。

↑2つの会場うち、クリエイションギャラリーG8で。

続きを読む »


吉田初三郎を知っていますか?

07/05/06 | カテゴリー:蔵書紹介 | | 2 コメント

↑『鐵道旅行案内』より。「中央線」の項目。


2002年に出た別冊太陽『吉田初三郎のパノラマ地図』。

その少し前から、ファンが増え続け、じわじわと鳥瞰図など作品の値段が

上がってきていたのが驚異の絵師、吉田初三郎。

荒俣宏さんも初三郎の紹介者の一人だが、彼によれば、昭和五十年代には

一部300円から800円くらいで買えたそうだ。

続きを読む »


シャンパン、ブルゴーニュ白、シャンパン。

07/05/06 | カテゴリー:未分類 | | 1 コメント

↓杉本博司氏の次なるプロジェクトに使われる!?古材。

□■□■□■□
シェラトン都ホテル東京(この前までラディソンじゃなかった?)で、
こばやしユカさんとモエ・エ・シャンドンを飲みながら、
午後のゆるい雑談&打ち合わせ。
そのあと歩いて、写真家の杉本博司さんのおうちへ。

続きを読む »


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes