Archive for ‘美術展’

クリストとジャンヌ=クロード展

10/02/13 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」

21_21 DESIGN SIGHTで、4月6日(火)まで[基本は火曜休館注意]。


風景を一変させるという現代美術のプロジェクトを続けてきたのが、

クリスト&ジャンヌ=クロードだ。

包んだり、傘を立てたり、幕を張ったり・・・。

「そういうことも現代美術が引き受ける」ことの驚きと楽しさ。

100212christo02

続きを読む »


森村泰昌「なにものかへのレクイエム」記者発表

10/02/09 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

森村泰昌「なにものかへのレクイエム—戦場の頂上の芸術—」

東京都写真美術館で3月11日(木)〜5月9日(日)に開催される。

その記者会見と映像作品の試写があった。巡回予定は後述。

100208morimura0

↑2007年、ヴェネツィアにて。


続きを読む »


MOTアニュアル2010:装飾@東京都現代美術館

10/02/08 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

東京都現代美術館「MOTアニュアル2010:装飾」。4月11日(日)まで。

1999年から開催しているMOTアニュアルも今回で10回目だそうである。

今回のテーマは「装飾」。色彩や形態と同様、重要な造形要素であり、

同時に精神性を象徴、表現するものとして、装飾がある。

現代美術のテーマにこの命題を設定するのはとても有意義だといえよう。


100205mot532

↑黒田潔「森の目」2010年

続きを読む »


ゲルハルト・リヒター”New Overpainted Photographs”

10/02/07 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

西新宿のWAKO WORKS OF ART

ゲルハルト・リヒター"New Overpainted Photographs"が始まっている。

3月6日まで(日・月・祝日 休廊)。

100206wako1

続きを読む »


チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展

10/02/04 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

騎馬遊牧国家、モンゴル帝国。1206年にチンギス・ハーンにより建国された。

13世紀後半、子孫のフビライ(元の初代皇帝)の時代になると中国大陸だけでなく

南はベトナム、北はモスクワ、西は地中海まで世界最大の領土を支配した。

謎に包まれたチンギス・ハーンと世界最大のモンゴル帝国を紹介する展覧会。

『チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展』

4月11日(日)まで。江戸東京博物館にて。

4月17日(土)〜5月31日(月)、山梨県立博物館に巡回予定。

100201mongol0

↑メインヴィジュアルは「鷹形金冠飾り」戦国時代/内モンゴル自治区博物館所蔵


続きを読む »


第13回文化庁メディア芸術祭受賞作品展

10/02/03 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

第13回文化庁メディア芸術祭受賞作品展が国立新美術館で開催されている。

国立新美術館で、2月14日(日)まで。

主催:文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会


以下、賞のランクには関係なく、会場で目についたものをレポートする。

100202mediart53

↑Lawrence MALSTAF「Nemo Observatorium」(アート部門優秀賞)


続きを読む »


サイバーアーツジャパン@東京都現代美術館

10/02/02 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

「サイバーアーツジャパン—アルスエレクトロニカの30年」東京都現代美術館で始まった。

オーストリアのリンツ市で開催されるメディアアートの祭典〈アルスエレクトロニカ〉は、

30周年を迎えた。本展はそれを記念して、これまでの日本からの参加作品や

さらに、宇宙芸術など新領域を含め展望するエキジビションである。

100201meiwa

↑明和電機のミニパフォーマンスもあった。久しぶりに兄・正道氏登場


続きを読む »


やなぎ みわ “Lullaby”@RAT HOLE GALLERY

10/01/31 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

やなぎみわさんの新作展「MIWA YANAGI “Lullaby”」

映像作品と写真。RAT HOLE GALLERYにて。3月21日まで。

100130yanagi15

続きを読む »


アートフェア〈G-tokyo 2010〉

10/01/30 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

日本国内のトップレベルの15のギャラリーが集結したG-tokyo 2010」

世界中の一流アートフェアに出展するクラスのギャラリーだけを集めた

プレミアムアートフェアの第一回が1月30日〜31日、森アーツセンターで開催されている。

ディレクターをつとめるのは、アートコーディネータのフェリエ肇子氏。

以下は、プレスプレビューの模様から。

100129gtokyo183

↑ワコウ・ワークス・オブ・アート/ゲルハルト・リヒター個展

続きを読む »


おもてなしの美 ―宴のしつらい

10/01/28 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

サントリー美術館所蔵品展 おもてなしの美 ―宴のしつらい

3月14日(日)まで。

「生活の中の美」をテーマに日本の美術・工芸品を収集するサントリー美術館。

そこには「おもてなしの美」を見ることができる。

鑑蔵品でこれだけの展示ができるのはこの美術館ならではである。

100126omotenashi03

↑朱漆塗瓶子 室町時代 15世紀

背後:猛虎図屏風 6曲1双 岸駒筆 江戸時代 文政5年(1822)

続きを読む »


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes