Bettina Rheims『Les Espionnes』

10/12/11 | カテゴリー:蔵書紹介 | | 2 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=9688

昨日、東京都現代美術館近くのアートマネジメントオフィス〈M7(エムナナ)〉が

主催する女子会で話をさせてもらった。20人ちょっとくらいの小さい会で、

しかも、ワインを飲みながらというのも親近感があって良かった。

講義形式で話すことが多いのでこういうのは新鮮。しかも、原則として聞き手は

女性なので、いつもとは違う図版とかも見せてみようと思った。

メインは自分の仕事に関する話だが、その前にこんな写真集を紹介。

ポートレートやファッション写真の領域で活躍する写真家、

ベッティナ・ランスの『Les Espionnes』


101210br91

Bettina Rheims『Les Espionnes』Kehayoff (Gina) Verlag刊

(以下、ヌードフォトグラフィがありますので、18歳未満の方、ならびに

そういうものを見たくない場合はここまでにしてください)


40ページほどの薄いカタログ的な冊子。展覧会カタログかもしれない。

記憶によれば、だいぶ前に、オン・サンデーズで買ったと思う。


101210br96

101210br95

どういう写真集かというと、豊胸手術を受けた人の写真集です…という答では半分正解。

実は、性転換者(今風に言うと性別再判定手術を受けた人)のヌード写真集なのでした。

この手の写真集はときどきあるのだが、高名な作家によるものとして紹介した。



もう1冊、これは少し方向が違うのだが、やはり「転換する性」の写真集。


101210brbruna98

Julian Salinas『BRUNA BRUNO』Christoph Merian Verlag刊


101210brbruna99


関連記事はありません。

2 コメント {コメントする}
コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。