池田亮司「Ryoji Ikeda」@ギャラリー小柳

10/11/12 | カテゴリー:未分類 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=9101

101111ryoji77

「data.tron」2007


「電子音楽の第一人者」「実験音楽の旗手」と紹介される池田亮司氏。

東京都現代美術館でも見せてくれた大型スクリーン作品のほか、

今回は16mmフィルム、35mmフィルムを使ったいくつかの作品が展示されている。

映画のスタート部分のカウントダウンをきれいにファイルしたものや

円周率や対数などの無理数を二進数化し、

それをフィルムのパターンで表現したものなど、見るだけで美しい上に、

その模様の根拠を聞くと納得でき、あらためて美を感じてしまう。

論理と感覚とテクノロジーを高度に結合させている。

ギャラリー小柳にて、12月25日(土)まで。


101111ryoji81

「0'10"」2010


101111ryoji82

「data.film [n°1-b]」2010


101111ryoji83

「test pattern [film-5]」2010


101111ryoji84

「test pattern [film-5]」(部分)2010


101111ryoji85

「π、e、φ」2010


101111ryoji86

「the transcendental (e) [n°2-c]」2009

 

あいちトリエンナーレ2010での「spectra[nagoya] 」の様子。

この映像以外にもパリやバルセロナでの作品など、多くがアップされている。

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes