ザ・コレクション・ヴィンタートゥール@世田谷美術館

10/08/07 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=7018

「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール

スイス発―知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂」が

世田谷美術館で始まった。10月11日(月・祝)まで。

100806setabi37

フィンセント・ファン・ゴッホ「郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン」1888年


スイスの小都市ヴィンタートゥールにある美術館。

主に美術蒐集家たちが寄贈した作品で構成されている美術館だそうだ。

どれもが日本初公開。


100806setabi46

左:ウジェーヌ・ドラクロワ「グレーハウンド犬を伴うアルジェの女」1854年

右:ジャン=バティスト・カミーユ・コロー「パシアンス、サン=タヴィ近郊」1872年


100806setabi48

ピエール=オーギュスト・ルノワール 左「砂糖壺とレモン」1903-1908年頃

右「村の家、赤い屋根」1905年


100806setabi51

左:オーギュスト・ロダン「グスタフ・マーラー」1909年

右:オディロン・ルドン「野の花」1905-1908年頃


100806setabi52

ピエール・ボナール 左から「果物のある静物」1925年頃、

「ヒナゲシとキンポウゲ」1922年、「海景、大きな帆船」1911年


100806setabi54

左:モーリス・ユトリロ「ポントワーズのノートル=ダム教会」1914年頃

右:アルベール・マルケ「ラ・ヴァレンヌ=サン=ティレール」1913年


100806setabi56

左:マリウス・ボルジョー「町役場の中、選挙」1913年

中:マリウス・ボルジョー「キャバレーの中、二人の老人、眠る人」1913年

右:ルネ・ヴィクトール・オーベルジョノワ「オランピア礼賛」1943年


100806setabi57

フェリックス・ヴァロットン「5人の画家」1902-1903年


100806setabi59

左:ワシリー・カンディンスキー「はしごの形(しみの上の)」1929年

中:パウル・クレー「水脈占い師のいる風景」1923年

右:パウル・クレー「ごちゃごちゃに」1932年


100806setabi60

左:ファン・グリス「ピエロ」1919年

中:パブロ・ピカソ「海岸の男と女」1961年

右:パブロ・ピカソ「二人の人物」1934年


100806setabi62

アンリ・ルソー 左「花束」1910年 右「赤ん坊のお祝い!」1903年


100806setabi64

左:アドルフ・ディートリッヒ「エシュリバッハの冬の風景」1934年

右:アンドレ・ボーシャン「オデュッセウスの難破」1942年


100806setabi67

ジョルジオ・モランディ 左「静物」1948年 右「静物」1951年

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
  • 仙台通信

    ああ、こういうコレクションは趣味が良いですね。
    モランディ見られるかな。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。