須田悦弘展@ギャラリー小柳

10/06/27 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=6277

木彫で植物を作り、それを巧みに、ときには意外な場所に設置したり、

わざわざ見つけにくい場所に置いたり、あるいはウィットをもって

展示するのが、彫刻家・須田悦弘の展覧会の特徴である。

展覧会はギャラリー小柳にて。7月31日まで。

100625suda61

朝顔


ギャラリーのホワイトキューブ。一見、何の絵もかけてないので、

何が行われてるのか・・と思うと、ほぼ原寸大の植物を彫刻で再現した作品が

あちこちに仕込まれている。

ギャラリーのスタッフは全部で何個あるかは教えてくれるけれど、

いちいち、どこにあるかは言ってくれない。見に来た人が自分で探すのだ。

それもゲームっぽくておもしろいのだが、その見つけた植物たち。

ほんとうに緻密にできていて驚くのと、冷たい雰囲気の建築の中にあって、

意外だが、なんだかほっとさせてくれて、いい感じで「やられた」と思うのだ。

100625suda63



100625suda71

朝顔


100625suda64

朝顔のクローズアップ


100625suda72

つつじ


100625suda73

どくだみ


100625suda75

チューリップ


100625suda79

須田悦弘さん

 

100625suda83

会場にて。ギャラリー小柳の小柳敦子氏、須田氏、小池一子氏。


近所のレストランで2次会。

100625suda86

挨拶をする須田氏。左から明治学院大学教授・山下裕二氏、

茶道武者小路千家若宗匠・千宗屋氏、そして、須田氏。


100625suda88

お祝いのスピーチをする原美術館館長の原俊夫氏。

原美術館は須田氏の作品を常設展示している。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。