映画「バベル」は見事な出来だった。

07/04/03 | カテゴリー:未分類 | | 5 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=6

14時:
京都造形芸術大学東京サテライトキャンパス(人形町)にて、
秋元康新副学長就任記者会見。
「社会芸術総合研究所」いわゆる才能バンクを
開設するなどの意気込みを聞く。
僕の知り合いの伊藤桂司さん、ヤノベケンジさんが教授就任。
15時半:
ミッドタウンタワー34階で『バベル』の試写。
見事な出来だった。4月28日(土)より全国ロードショー。


18時半:
会社に戻ってメールチェック&郵便物整理。
フォト/デザインエディターの稲本恵理さんと打ち合わせ。
今回の西洋美術特集でも、英語フランス語堪能な彼女が
図版を完璧に集めてくれた。
21時:
SHIPS系の高級セレクトショップLe Globeの一周年パーティ。
21時半:
石塚元太良さんの写真展「Trans Alaska Pipeline」のオープニング。

スパイラルガーデンで、15日まで。
案内をもらったときから、必ず見に行こうと決めていた。
その思いは間違ってなかったとわかる。石塚さんにも会えたので良かった。
TIGのタカさんから、セビーリャでの森山大道さんの写真展の話を聞く。
セビーリャには一度だけ行った。
僕の好きな画家、ムリーリョの出身地で彼の絵が世界で一番ある。
モデル&文筆家のKiKiさんに会ったので、
先日一緒だったあるお茶会の話など。
そのあと、アートディレクターの仲條正義さんから携帯に電話。
ブルータスを見てくれたとのことだ。うれしいなぁ。
西洋美術関係の書き手についてアドバイスを求められる。
23時:
帰社。

関連記事はありません。

5 コメント {#}
  • 宇壽山貴久子

    こんにちは!
    バベル、わたしたちも先日DVDで観ました。「ここでこんなことが起こったらますます大変なことに…」という悪い予感そのままの展開、それぞれの物語のシンクロ具合、練られた映像、色合い、すべてすばらしかったですね!
    ニューヨークはやっと春らしくなってきました。今週末は桜が八分咲きくらいになりそうです。

  • あきら

    はじめまして。私はまだ映画見てないのですが、菊地凛子さんのヌードシーンぜひとも見てみたいですね。動画サイトで予告編見たけど、内容も面白そうですしね。
    http://www.tvbreak.jp/15745/32479

  • 鈴木

    菊地凛子さんのヌード、ありますね、確かに。重要なシーンかも。
    映画というリニアなメディアなのに時系列が行きつ戻りつして、
    それを効果的に使っているところもうまいなぁと思いました。

  • soramove

    「バベル」それでも希望はある、傑作まではもうひとつか。

    「バベル」★★★★
    ブラッド・ピット、菊地凜子ほか出演
    アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督
    神話の世界で神に近づこうとした人間…

  • オカダの戯言

    バベル

    映画「バベル」を観ました。 モロッコ、メキシコ、東京と様々な場所で人間が起こす…

{Comments are closed}

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes