セザンヌが居た場所

10/05/27 | カテゴリー:編集プロセス | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=5714

ブルータス687号美術特集「印象派、わかってる?」は6月1日発売。

その取材のために3月にオランダと南フランスに行っていた。

セザンヌのアトリエがあったのは、エクス=アン=プロヴァンス。

100526cezanne1

生前のままに保存されているアトリエ。北側に大きな採光窓。南にも窓。


ディテールにセザンヌの描いた世界がまだ生きている。

100526cezanne2

微妙に異なる篭だけれど、雰囲気はそのまま伝わる。

100526orsay04

現在開催中の〈オルセー美術館展2010「ポスト印象派」〉

展示中の作品「台所のテーブル(篭の静物)」1888-1890年

100526cezanne3

愛用のコートや帽子も。

100526cezanne4

 

そういえば、エクス=アン=プロヴァンスの蚤の市で

セザンヌの切手を発見。

100526cesanne9

背景にサント・ヴィクトワール山が。

 

 

ブルータス「印象派、わかってる?_マネもゴッホも印象派じゃないの?」6月1日発売

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
  • キクカワ

    セザンヌさんの完璧さに震えてオルセー美術館の中で、動けなかったのは、いったいいつのことやったんやろ、としばし3月の南仏のお写真に見とれました。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes