草間彌生屋外恒久展示「愛はとこしえ十和田でうたう」

10/04/25 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=5174

草間彌生屋外恒久展示作品「愛はとこしえ十和田でうたう」

100423kusa003

美術館向かいの広場に設置された。

 

十和田市の中心市街地のおよそ1.1kmの官公庁通りと美術館周辺の広場を

拡張した美術館と見立て、大規模な美術作品が設置された。

順次紹介していくが、まずは、美術館正面の草間彌生作品。

恒久設置作品として面積は最大とのこと。高さでは松本市美術館のチューリップか。

 

100423kusa019

草間彌生作品の全体。うたう少女とした草間ワールド。


100423kusa001

美術館とカフェを結ぶ回廊も赤い水玉で。手前はチョ・ジョンファ「フラワー・ホース」

 

草間作品以外の屋外展示作品については別トピでアップします。

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
  • 仙台通信

    お、ほぼ同じアングルで美術館外観撮ってました!

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。