発売日には書店で立ち読みのふりをしながら、定点チェック。

07/04/02 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=5

ブルータスの
「レオナルド・ダ・ヴィンチ/キリスト教絵画」特集の発売日だったので、
紀伊國屋書店新宿本店と紀伊國屋書店新宿南店に様子を見に行く。
どういう人が手にとってくれて、どういう人が買ってくれたのかを見る良いチャンス。


名編集者・花田紀凱氏も『週刊文春』編集長時代には発売日に
有楽町のガード下の雑誌スタンドに立っていた。
家電メーカーが販売支援と言って、量販店に自社スタッフを派遣するのは、
ただの販売店サービスでないことは明らかで、当然、
自社製品の(あるいは他社の)消費者の顔を見て、
製品作りやマーケティングに生かそうとしてるわけだ。
紀伊國屋書店新宿南店では名物編集長・岸田一郎さんの
創刊誌『ジーノ』よりもこのブルータスに多く棚を割いていてくれていた。
ありがたい。
ただリサーチをさせていただくわけではなく、本を1冊購入。
買った本:
内田樹『下流志向?学ばない子どもたち 働かない若者たち』講談社

迷った末、今日は買わなかった本:
ハンス・アビング『金と芸術 なぜアーティストは貧乏なのか』grambooks

本は書店で買うのが基本だと思う。もちろんamazonとかも利用するけれど、
できるだけ書店で触りたい。
3時半頃、会社に戻り郵便物整理。ヘンリー・ダーガー展(原美術館)、
マルレーネ・デュマス展(東京都現代美術館)などの内覧会案内が届いていた。
若冲と江戸絵画展はいよいよ最後の巡回地、名古屋で13日から始まる。
4時、パナソニックモバイルの新しい携帯電話を見せていただく。
発表前なので詳細は控えるが、携帯が優秀な映像ブラウザになった。
ここまで来たか!というような機種。4月中に発売らしい。
そのあとは次の担当号と、次の次の担当号の打ち合わせなど。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes