細川護煕展@三越エトワール

10/03/09 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=4173

細川護煕氏の陶芸、書、茶道具の展覧会がパリの三越エトワールで開かれ、

そのレセプションパーティがあったので、行ってきた。

展覧会は、5月15日(土)まで。

帰国展は、日本橋三越本店[6月2日(水)〜14日(月)]、仙台三越[8月]、

福岡三越、札幌三越[ともに9月]と巡回の予定。

100308hoso295

↑細川護煕氏。背景は、二曲三隻屏風「荒城の月」土井晩翠作詞 2008年


5時くらいにシャルル・ド・ゴール空港に到着し、ホテルに荷物だけ置いて、

三越エトワールに急ぐ。


これまで細川氏の展覧会は何度か見てきたが、今回は茶杓などの茶道具も

多く展示され、また陶芸も道祖神や狛犬など、茶陶以外をもかなりの数、

見せている。


今年は銀座メゾンエルメスの展示や東京国立博物館での「細川家の至宝」展など

展覧会に忙しい年になる。


100308hoso298

↑信楽獅子像 2007年 もちろん、これは長次郎倣いの獅子


100308hoso303

↑黒茶盌 2008年


100308hoso309

↑赤茶盌 2007年


100308hoso310

↑湯河原の茶室〈不東庵〉を再現した空間を作ってある


100308hoso311

↑茶室の中に、茶道具を展示。刷毛目の茶碗がいい


100308hoso317

↑瀬戸唐津茶盌 2007年


100308hoso319

↑掛け軸「簫條三間屋」良寛より 2004年


100308hoso321

↑茶杓や花入れ


100308hoso322

↑陶芸の道具も展示してある


100308hoso323

↑信楽狛犬 2008年

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes