MOTアニュアル2010:装飾@東京都現代美術館

10/02/08 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=3378

東京都現代美術館「MOTアニュアル2010:装飾」。4月11日(日)まで。

1999年から開催しているMOTアニュアルも今回で10回目だそうである。

今回のテーマは「装飾」。色彩や形態と同様、重要な造形要素であり、

同時に精神性を象徴、表現するものとして、装飾がある。

現代美術のテーマにこの命題を設定するのはとても有意義だといえよう。


100205mot532

↑黒田潔「森の目」2010年


100205mot535

↑黒田潔「森の目」は横幅26mにも及ぶインスタレーション


100205mot548

↑森淳一「flare[birds]」2010年


100205mot546

↑森淳一「flare[birds]」は空中で3羽の鳩が衝突した瞬間を表す


100205mot550

↑森淳一「flare」


100205mot560

↑青木克世「MANIERA」2009年


100205mot564

↑山本 基「迷宮」(進行中)


100205mot566

↑山本 基「迷宮」のディテール。塩を使ったインスタレーション(進行中)


100205mot568

↑小川敦生「cutter knife skating」2010年 石けんにエングレーヴィング


100205mot569

↑松本尚のペインティング作品


100205mot573

↑水田寛「マンション」2010年


100205mot578

↑横内賢太郎のペインティング作品


100205mot576

↑塩保朋子「Cutting Insights」2008年

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
  • 黒川雅子

    開催中の作品を見ることが出来て嬉しいです。
    画像を拝見し、見に行きたいと思いました。
    (私のブログにトラックバックさせていただきましたので、ご許可下さいますようお願いいたします)

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes