アートフェア〈G-tokyo 2010〉

10/01/30 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=3007

日本国内のトップレベルの15のギャラリーが集結したG-tokyo 2010」

世界中の一流アートフェアに出展するクラスのギャラリーだけを集めた

プレミアムアートフェアの第一回が1月30日〜31日、森アーツセンターで開催されている。

ディレクターをつとめるのは、アートコーディネータのフェリエ肇子氏。

以下は、プレスプレビューの模様から。

100129gtokyo183

↑ワコウ・ワークス・オブ・アート/ゲルハルト・リヒター個展


100129gtokyo309

↑ケンジタキギャラリー/横内賢太郎 新作展


100129gtokyo382

↑SCAI THE BATHHOUSE/「テクスチャーと光」展。手前は名和晃平作品


100129gtokyo344

↑SCAI THE BATHHOUSE/名和晃平「Catalyst#11」2008年


100129gtokyo345

↑SCAI THE BATHHOUSE/宮島達男作品


100129gtokyo349

↑SCAI THE BATHHOUSE/宮島達男作品のディテール


100129gtokyo353

↑GALLERY SIDE 2/「SEE MAX」展。正面壁と手前サーフボードは齋藤雄介作品


100129gtokyo357

↑GALLERY SIDE 2/ムラタ有子「chilly」2009年


100129gtokyo361

↑オオタファインアーツ/「かちどき 1」展

参加作家は、猪瀬直哉、樫木知子、草間彌生、さわひらき、

見附正康、梅田哲也、小沢 剛、竹川宣彰、イ・スギョン


100129gtokyo363

↑hiromiyoshii/「3秒3分3日3人」展 泉太郎、井上信也、小金沢健人


100129gtokyo365

↑TARONASU/ライアン・ガンダー「A Whole Hole」展


100129gtokyo367

↑TARONASU/ライアン・ガンダー「A Whole Hole」展


100129gtokyo370

↑小山登美夫ギャラリー/「サイトウマコト/映像の記録と記憶」展


100129gtokyo371

↑ShugoArts/金氏徹平キュレーション「アーバン・スピリット」展

参加作家は、板垣賢司、森千裕、横山裕一、金氏徹平


100129gtokyo373

↑ミズマアートギャラリー/山口 晃 個展「柱華道」


100129gtokyo400

↑ミズマアートギャラリー/山口 晃 個展「柱華道」


100129gtokyo384

↑WAKO WORKS OF ART/ゲルハルト・リヒター「New Overpainted Photographs」展


100129gtokyo385

参加作家は、岩崎貴宏、泉啓司、西野達、大木裕之、高嶺格、横山裕一

100129gtokyo386

↑アラタニウラノ/「archi + anarchy」展。横山裕一作品


100129gtokyo390

↑アラタニウラノ/「archi + anarchy」展。岩崎貴宏作品。繊維で塔を作る。

 彼の作品はこちらのブログにも掲載しました。


100129gtokyo392

↑山本現代/西尾康之個展


100129gtokyo395

↑児玉画廊/「ignore your perspective」展


100129gtokyo396

↑ギャラリー小柳/オラファー・エリアソンの作品。他に杉本博司、トマス・ルフ作品も。


100129gtokyo406

↑タカ・イシイギャラリー/トーマス・デマンド《Regen / Rain》


100129gtokyo502

↑ラウンジスペースは建築家・藤本壮介が担当した。

(以上、アーティスト名など敬称略)

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。