ハイアットリージェンシー京都に移動

13/07/10 | カテゴリー:日記的 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=19121

愛知県立芸術大学の古美術研究旅行に同行していて、

学生たちと同じ宿のコープ・イン・京都に投宿していたが、

同時に取材の仕事や打ち合わせも入ってきたりしたので、ホテルを移動した。

 

130710hyatt1

近くに三十三間堂や智積院、京都国立博物館もあるいい環境のハイアット。


コープ・イン・京都は錦小路などにも近いとてもいい立地で、便利で安くて良い宿。

数年前にも泊まったことがあるが最近改装されたらしく、かなり良くなっている。

リーズナブルでなかなかいいのだが、2泊したので飽きてきたし、

東山七条のハイアットリージェンシー京都に移ってきた次第。

後白河法皇ゆかりの土地に建つ静かなホテル。

好きなお寺や博物館もあるし、風致地区ゆえに目立った看板などがなくて景観も静か。

定宿というわけではないけれど、京都に来るとときどき泊まる、泊まりたいホテル。

実は現代美術家の杉本博司さんが三十三間堂の仏像を撮影した《Sea of Buddha》を

撮影していたとき、ここに滞在していたと彼から聞いたことがある。

(当時の名称はハイアットリージェンシー京都ではなくて、京都パークホテル)


130710hyatt2

風呂は檜です。外国人客も喜びそう。


ということで、コビケン後半と雑誌取材仕事、頑張ります。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。