編集者の写真 vol. 1「旅」

12/05/18 | カテゴリー:編集プロセス, 美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=16553

小さな写真展ですが、〈編集者の写真 vol. 1「旅」〉という展覧会に参加します。

5月22日(火)〜27日(日)。神保町の隅っこにあるSpin Galleryです。

参加者は新潮社出版部の菊池亮さん、同『芸術新潮』編集部の伊熊泰子さん、

そして僕です。このSpin Galleryのオーナーは作家の伴田良輔さん。


編集者の写真vol1-01

3人展。3人の愛用カメラでDM作りました。

左から菊池さんのマミヤ7、伊熊さんのクラッセ、僕のオリンパスペンWです。



きっかけは昨年、僕が中野のHidariZingaroで写真をやったのと同じ時期に、

伊熊さんも茅場町の森岡書店のギャラリーで個展をやっていて、

そのうち、「編集者の写真展」をやりましょうとか言っていて、

実行力のある彼女が進めていてくれてたんですね。

 

ƒ`ƒ‰ƒV

チラシの文面。↑クリックで拡大します(いったん小さくなったら、もう一度)。


こぢんまりとしたギャラリーで3人展ということで、それほど点数は出せないのですが、

僕は全部新作を出します。だって、あ、これ、前の展覧会にも出てましたねと

言われるのちょっと嫌だし。前回はたった1年前だし、一気に見せちゃったし。

先日のパリ、ロンドン、ワシントンDCで撮ったものをプリントしました。


僕が出品する作品の撮影は全部フィルムでやりました。

カメラはDMに載せたオリンパスペンWではなく、コンタックスT3です。

点数も少ないし、今回は額装して展示します。

販売もする予定で、僕の作品に関しては、1点10,500円(予価)。

額代がかかりますよね。プリント代+額装代だけで7,000円くらいしてしまった。

最終日には現品処分セールするね。


トークイベントもありますし(狭いけど)、毎晩、伊熊さんが中心になって、

ギャラリーバー的なサロンも開かれますので、会期中は僕も行ける限り

通うことにします。みなさん、写真や旅の話、カメラ自慢をしましょう。

120517map

 

千代田区神田神保町1-20 小川ビル2F

東京メトロまたは都営地下鉄「神保町」駅A5出口より徒歩3分

靖国通り、三省堂や書泉グランデの向かい側、〈サイゼリヤ〉とパチンコ〈人生劇場〉の

間の道をずんずん歩いていって、普通の木造2階屋の2階にあります。

(一階に「古書たなごころ」という古書店が入っています)

開廊中は、入口の階段のところには看板を出しておきます。

 

あと、会場は狭いのでお花は辞退いたします。

もし、そういうご厚意がいただけるという場合、代わりにワインなど持ち込んで

くだされば、バー(サロン)の運営の助けになりますので、お願いします。


僕の在廊情報はツイッターでお知らせします。どうぞよろしく。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes