【予告】山口晃氏講演「セザンヌは山をどこから描くか」

12/04/15 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=16351

国立新美術館で開催中の《セザンヌ―パリとプロヴァンス展関連企画として、

画家の山口晃さんによる講演「セザンヌは山をどこから描くか」があります。

日時:4月21日(土)14:00~15:30(開場13:30)

会場:国立新美術館3階講堂(定員:各回先着260名)

広い会場なので余裕はあると思いますが、予約制ではなく、先着順なので、

良い席が欲しいひとは早めに行った方がいいかもですね。


120414yamaguchi1

セザンヌが描いたポイントから、サント=ヴィクトワール山を眺める山口氏。


さて、明日発売のブルータスに掲載の山口晃「セザンヌ紀行」からのカット。


120414yamaguchi3

お墓参りをしたシーンです。 ©Yamaguchi Akira courtesy BRUTUS


120414brutus730

ブルータス730号「西洋美術 総まとめ」明日4月16日発売! 630円 マガジンハウス

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes