イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに

12/02/04 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=15523

現代のアジアを代表する韓国出身の美術家イ・ブルの大規模な展覧会

「イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに」が森美術館で始まっている。

5月27日(日)まで。

(以下写真は記者内覧会にて許可を得て撮影)


120203lb13

サイボーグシリーズなどが展示されている部屋。

画面手前(横長の作品)《キアズマ》2005年


1990年、国際的なアートシーンで活動を始めて以来、常に注目されてきた。

作品と彼女のバックグラウンドには韓国の激動の政治体制やユートピア的な思想や哲学を

思わせ、人類の欲望や身体論、ジェンダー的なアプローチも見て取れる。


多様な作品を生み出すこの作家のこれまでの活動を主要作品を通じ、

彼女はなにを表現してきたかをあらためて探る絶好の展覧会になっている。


軍事政権時代や北朝鮮との関係。

隣国である日本の同時代とは異なり、激動の時代を生き、それを反映した

作品として捉えられるものがいくつもある。


120203lb24

記者会見で展覧会について語るイ・ブル氏(右)。

左は森美術館チーフキュレーターの片岡真実氏。


120203lb34

《サイボーグ W2》1998年


120203lb64

左《モンスター[ピンク]》1998年 右《モンスター[黒]》1998年


120203lb62

《出現》2001年


120203lb59

左《リヴ・フォーエヴァーIII》2001年

右《リヴ・フォーエヴァーII》2001年


120203lb60

《リヴ・フォーエヴァーIII》の内部


120203lb51

《無題(インフィニティ・ウォール)》2008年


120203lb50

《雪解け(高木正雄)》2007年


120203lb49

《私の大きな物語:石へのすすり泣き》2006年


120203lb48

《ブルーノ・タウトに倣って(物事の甘きを自覚せよ)》2007年


120203lb47

《朝の曲》2007年


120203lb43

《天と地》2007年


120203lb71

《秘密を共有するもの》2011年


120203lb73

スタジオを再現した展示の部屋にて。《秘密を共有するもの》の習作だろうか。


120203lb77

スタジオを再現した展示の部屋にて。作品プラン、ドローイングが壁に。

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。