「井上雄彦 最後のマンガ展 重版〈大阪版〉」

10/01/09 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=1485

「井上雄彦 最後のマンガ展 重版〈大阪版〉」が
サントリーミュージアム[天保山]で1月2日から始まっている。
3月14日(日)まで。

東京・上野、熊本に続いて3か所目なのだが、
8日にプレス内覧会があったので、見に行ってきた。
100108ebisubashi
美術館に行く前に、心斎橋・戎橋にあるLuzビル
(キリンプラザ大阪のあったところ)に出現した
武蔵の巨大な看板(1月28日まで)を見てみよう。
夜は透過式のライトアップ。


心斎橋・戎橋というと、例のグリコの看板で有名。
これです。ちょうど、これの斜め向かい。
100108glico

美術館の方にはこういうバナーがかけられている。
100108temposan

エントランスの看板。
これとは別に前に立って記念撮影ができる大きな絵もある。

100108entrance

展示会場は写真に撮れないので、ショップなどを撮る。

100108shop

Tシャツの売り場にて。

100108tshirts

武蔵と撮れるプリクラもある。

100108pricl1

モニタで確認。

100108pricl2

井上雄彦さんにあいさつをしにいく。
井上さんは風邪のご様子。
できあがったばかりの「ブルータス特別編集『井上雄彦』」を渡す。

100108inoue

表紙が前から後ろまで絵がつながっているのをおもしろがってくれた。

100108cover

「ブルータス特別編集『井上雄彦』」は1月12日発売。690円です。


関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes