ヤノベケンジ「アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ」

11/07/03 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=12813

ヤノベケンジ「アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ」


110702yanobe26

「アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ」2001年


かの有名な、空也上人像を模した作家自身の像。

 

アーティストのヤノベケンジは1991年に起きた美浜原発事故の危機感から、
鉛と鉄でできた放射能防護服型作品『イエロー・スーツ』を制作したという。


1997年にはチェルノブイリを訪問し、その経験からいくつもの作品を
生み出している。

 

20年にもわたる彼のプロジェクトを今、展示することの意義については
いまさら、ここで説明する必要もないだろう。

 

展示は、7月30日(土)まで。山本現代にて。


110702yanobe27

「アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ」(部分)2001年


110702yanobe28

「ガイガーチェック:ワールドワイドNo.5」1998年


110702yanobe29

「ドローイング(チェルノブイリ1)」(部分)1998年


110702yanobe30

「ドローイング(チェルノブイリ2)」(部分)1998年


110702yanobe31

「アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ ライトボックス」(部分)2001年


110702yanobe36

作家のヤノベケンジ氏。右はフジテレビ勤務の兄上、矢延隆生氏。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes