西野達「The Merlion Hotel」

11/03/23 | カテゴリー:出張中または旅行中, 美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=11289

今年のシンガポールビエンナーレ(5月15日まで開催中)の目玉企画のひとつ、

西野達氏の「The Merlion Hotel」。

この国の観光名物で伝説の動物の像、マーライオン(上半身がライオン、下半身は魚の像)

を取り込んだホテルを作ってしまったのである。

西野氏のこれまでの仕事、たとえば、スイス、バーゼルの古い教会の塔の先端にある

天使形の風見鶏をまるでテーブルの上のオブジェのようにしたり、

銀座のメゾンエルメスの屋上にある彫刻作品〈花火師〉を部屋に取り込んで、

まるで、白馬の王子様を待つ少女の部屋のように見立てる作品を作ってきた。

彼がまたまたやってくれたのが、このマーライオンホテルなのだ。


110322tmh05

マーライオンの上半身が取り込まれたホテル。


この作品については、雑誌とウェブマガジンに記事を書くので、

ここでは主に写真レポートにとどめておく。

掲載誌については、またあらためてこのブログで紹介したい。


110322tmh08

夜景など眺めもすばらしい。


110322tmh11

西野氏によるプランのドローイング(シンガポールビエンナーレのサイトより)。

 

110322tmh12

近くにあるミニ マーライオン。


110322tmh14

10時から19時まで、ビエンナーレ作品として一般公開され、20時半からホテルに。


110322tmh33

バスルーム。ここに〈TATZU〉のシグネチャー。


110322tmh26

スーブニール。ぬいぐるみ、ケーキ、チョコレート、Tシャツ、ビエンナーレの招待券…


110322tmh57

ベッドに仰向けに寝て、見上げるとこう見える。


西野達氏トークイベントが3月26日に大阪で開催される。

「西野達の仕事/《The Merlion Hotel》まで全て見せます。」

京阪電鉄なにわ駅アートエリアB1にて。(申込不要/当日先着順)。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes