杉戸 洋 - 青木 淳 展「needle and thread」

11/03/05 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=11047

現代美術家、杉戸 洋さんと、建築家、青木 淳さんのコラボ展「needle and thread」

小山登美夫ギャラリーで始まっている。


110303aokisugito08

杉戸洋氏。作品は、国立国際美術館、東京都現代美術館、SFMoMAなどが所蔵。


4月23日(土)〜6月12日(日)に青森県立美術館で開催される予定の

「青木淳 × 杉戸洋〈 は っ ぱ と は ら っ ぱ 〉」展の

プレゼンテーション展的な役割もある本展は、大きなバルーン作品、

杉戸氏による絵画やインスタレーション、青木氏による図面や模型など、

ギャラリーの空間を余すことなく使って、二人の仕事の魅力を展開している。


110303aokisugito09

建築家、青木淳氏。青森県立美術館や〈ルイ・ヴィトン〉の一連の店舗でも知られる。


以下は、フォトレポート。

110303aokisugito10

110303aokisugito12

110303aokisugito20

110303aokisugito29

110303aokisugito30

110303aokisugito34

110303aokisugito37

110303aokisugito39

110303aokisugito55

110303aokisugito91


青森県立美術館は開館5周年を迎えて、今回の二人展の開催に意欲が見える。

 

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。