草間彌生「ミラー ルーム (かぼちゃ)」

09/10/20 | カテゴリー:美術展 | | 2 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=1083

先日、ハラミュージアムアークに行ったとき、常設の展示も見て、
一部は写真撮影もさせていただいた。
この草間彌生氏の作品「ミラー ルーム (かぼちゃ)」も見事だ。

展示室のドアを開けて、目に飛び込んでくるのはこれ。自分の姿は見えない。


でも、この作品の正面はこちら側で、中を覗き込むようになっている。
鏡を駆使した作品でクサマワールド全開。

三脚とセルフタイマーを使い、自分が鏡に映らないようにした。
さらに、Photoshopの変形ツールを使って、縦横を垂直にする。

使用機材/NikonFG、ニッコール20mmF4、Kodak PORTRA 160NC
最近入手したNikonF3Pを使いたかったのだが、セルフタイマーもなく、
レリーズ穴もないので、FGで正解だった。F3Pではこうは撮れなかった。

関連記事はありません。

2 コメント {コメントする}
  • キクカワ

    はぁーい、いいです。すごいですね、このパワー。常設されているんですね。よかったなぁ、草間さん。ご苦労されている時から、存じ上げておりましたから。
    それにいたしましても、正面からなのに自分が写らないミラールームって、更に不思議だわ。草間さんドットの小さくてとてもかわいい「宇宙へ行くときのハンドバック」「私の犬リンリン」にも、驚きましたけれど。

  • masu

    いつも楽しく拝見しています。
    今夏、アリゾナ州フェニックスのアートミュージアムで、草間さんの『firefly』をみました。
    幻想的で、空間に入ると不思議な感覚になります。おススメです。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。