千葉正也個展「生きていたから見れた素晴らしい世界」

11/02/13 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=10747

千葉正也氏の新作絵画個展「生きていたから見れた素晴らしい世界」が

ShugoArtsで始まっている。3月12日(土)まで。


110212chiba1

「平和な村」2010年  200×260(cm)


絵画好きの間で、今や眼が離せなくなっている作家、千葉正也氏の意欲的な新作展。

近代以降の絵画史(の一部)を呑み込んでいるように見られるのも、僕には楽しい。

たとえば、セザンヌはもちろん、多くのシュルレアリストたちを。


110212chiba2

「ヘビくん」2011年  175×240(cm)


110212chiba3

左「ねじれている頭」2010年  40×34(cm)

右「50人のリビングルーム」2011年  175×270(cm)


110212chiba4

「吐き頭」2011年  127×110(cm)

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。