セザンヌが居た場所

10/05/27 | カテゴリー:編集プロセス | | 1 コメント

ブルータス687号美術特集「印象派、わかってる?」は6月1日発売。

その取材のために3月にオランダと南フランスに行っていた。

セザンヌのアトリエがあったのは、エクス=アン=プロヴァンス。

100526cezanne1

生前のままに保存されているアトリエ。北側に大きな採光窓。南にも窓。

続きを読む »


オルセー美術館展2010「ポスト印象派」

10/05/26 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

今年は印象派、ポスト印象派の展覧会が続々と開かれる(開かれている)のだが、

その最右翼とも言えるのがこの展覧会〈オルセー美術館展2010「ポスト印象派」〉展

オルセー美術館展としては、過去最大規模の世界巡回展となる。

これは美術館の改装にともなうもの。

モネ5点、セザンヌ8点、ゴッホ7点、ゴーギャン9点、ルソー2点をはじめとする

絵画115点が国立新美術館に展示されている。しかも半数以上が初来日。

8月16日(月)まで。


展覧会会場の様子、その一部を紹介しよう。

100525orsay0

クロード・モネの作品。左から「ロンドン国会議事堂、霧の中に差す陽光」1904年、

「睡蓮の池」1899年、「ノルウェー型の舟で」1887年

続きを読む »


ゴッホのiPhoneカバー

10/05/25 | カテゴリー:日記的 | | 1 コメント

国立新美術館で始まる〈オルセー美術館展2010「ポスト印象派」〉の

内覧会に行ってきた。明日から8月16日(月)まで。

のちほどブログでその報告をするが、とりあえず、今日の自慢。

ショップでオルセー展記念のiPhoneカバーが何種類も売っていた。

で、いろいろ迷った末に「星降る夜」を入手。3,200円。

100525iPhone

Musee d'Orsay 公認ロゴ入り

続きを読む »


金沢にて

10/05/25 | カテゴリー:日記的 | | No コメント

100525kanazawa


SPBS編集のワークショップ2010 説明会

10/05/24 | カテゴリー:レクチャー/講義 | | No コメント

6月20日から渋谷のSPBSで始める〈編集のワークショップ〉の講師をやることになり、

本日はその説明会&第0回講義の形で話をさせてもらった。

PowerPointをつかっているのだけれど、気分は黒板に手書きである。


コンテンツ、コンテクストという話をする。

100523ediws15

食堂(ここでは、みよしや)では注文といえばなんらかの食べものであろう。

しかし、そば屋では注文といえば麺類か丼物、寿司屋なら寿司、ピザ屋ならピザと

コンテクスト(文脈)が明快になる。

コンテンツとコンテクストの関係について考えることがその出版物の特徴、

存在意義を際立たせていくということを考えていきたい。


さて、小さな町には食堂がなんでも屋として、客の胃袋を満たすのだが、

町が大きくなると分業化・専門化・ブランド化していく。

さらに売り上げを上げるためにどうしたらいいか・・・。


続きを読む »


「プロフェッショナルたちが語るGR」福田和也氏

10/05/21 | カテゴリー:日記的 | | No コメント

銀座4丁目交差点角のRICOH リングキューブ

フォトギャラリーやリコーの歴代カメラが展示されているスペースだが

イベントも行われていて、「プロフェッショナルたちが語るGR」という

シリーズが始まった。GRというのはもちろん、リコーのフィルム時代からの

高級コンパクトカメラGRシリーズのこと。

第一回目は文芸評論家で慶應義塾大学教授の福田和也さん。

100520fukuda

聞き手(右)は写真関係のエディター/ライターのタカザワケンジ氏


続きを読む »


「杜の都で脳を語る」@せんだいメディアテーク

10/05/21 | カテゴリー:レクチャー/講義 | | 1 コメント

このイベントに出ます。テーマは「脳と美」。7月3日(土)、仙台です。

 

‘æ5‰ñ”]ƒJƒtƒF@ƒ`ƒ‰ƒVi•j06

■イベント名
    第5回脳カフェ 杜の都で脳を語る 「脳はなぜ、美に魅せられるのか」
■日時
    平成22年7月3日(土) 13時〜17時
    トークイベント:14時〜16時25分
■会場
    せんだいメディアテーク1F オープンスクエア


続きを読む »


ブルータス30周年記念号 ”ポップカルチャーの教科書”

10/05/20 | カテゴリー:編集プロセス | | No コメント

現在発売中のブルータスは見ていただけましたか?

この雑誌の30周年とポップカルチャーの30年を重ねて構成されています。

それぞれのジャンルごとに各界の方々に原稿や談話をもらっています。

執筆者の方々はこんな感じです。


ポップカルチャー/川勝正幸
お笑い/水道橋博士
ゲーム/Bose
広告/TUGBOAT
文学/高橋源一郎
映画/ミルクマン斉藤
女子/湯山玲子
音楽/菊地成孔
デジタル/伊藤ガビン&速水健朗
デザイン/柳本浩市
マンガ/ブルボン小林
演劇/松尾スズキ
通信/堀井憲一郎
思想/佐々木 敦
写真/後藤繁雄
服飾/W・デーヴィッド・マークス
アイドル/宇多丸
サブカルチャー/宇野常寛
労働文化/滝本 誠
夜遊び/馬場康夫&甘糟りり子
アート/森村泰昌


僕はこの号の担当ではなかったのですが、この中の森村さんにお願いした

「アート」に関して少し関わらせてもらいました。

100519morimura


続きを読む »


東恩納裕一個展“Venezia/Tokyo”

10/05/19 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

東恩納裕一さんが昨年、ムラノ(ベネチア)のガラス工房/Berengo Collection から

招待され、制作した作品を発表している。

東恩納裕一個展“Venezia/Tokyo”

先日のアートフェア東京でも一部お披露目されたシリーズ。

100518higashi7

広尾のベレンゴ・アカツ・コレクションにて。6月20日(日) まで。

続きを読む »


カメラ修理カフェ by Ryu Itsuki

10/05/17 | カテゴリー:日記的 | | 2 コメント

写真家でカメラ史研究家のRyu Itsuki さんが主宰するイベントに行ってきた。

カメラを修理したり、情報を交換する会。

おしゃれなカフェでこういうイベントが成り立つのがおもしろい。

僕も自分の好きなカメラについてPowerPointを使って少しトークをする。

100516ryu1

右端がRyu Itsuki氏。某カメラメーカーの技術者宣伝部カメラマン、出版社カメラマン、

現在フリーカメラマンで、写真教室&カメラ修理教室講師なども。

隣は、NHK千葉アナウンサーの多田香織さん。

続きを読む »


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes