木滑(きなめり)良久さんと食事

10/09/23 | カテゴリー:日記的 | | 3 コメント

100922kinameri

日本外国特派員協会のダイニングルームにて。窓の下には皇居。

続きを読む »


「隅田川〜江戸が愛した風景〜」@江戸東京博物館

10/09/22 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

交通の基幹であり、江戸の名所であり、舟遊びの場としても愛されてきた隅田川。

両岸は庶民の活気溢れる生活があり、また多くの寺社、盛り場もあった。

その文化の記録を隅田川横の江戸東京博物館で見る。

「隅田川〜江戸が愛した風景〜」は11月14日(日)まで。会期中、展示替えあり。


100921sumidagawa17

宮川一笑「隅田川図屏風」

続きを読む »


「ヴェネツィア建築ビエンナーレ2010」私的レポート

10/09/21 | カテゴリー:出張中または旅行中, 美術展 | | 1 コメント

フランスに行く前にヴェネツィアで1日だけ時間をとって、建築ビエンナーレを見てきた。

ANAのチケットが取れれば、成田〜パリで楽でいいんだけど、

予算とかいろいろあってルフトハンザで行くことにしたので、どうせドイツで

乗り換えるなら、そこからパリに行かないでこのチャンスにヴェネツィアに行こうと。

結果として、成田からフランクフルトまで、新鋭機A380に乗れて良かったし。

ヴェネツィア→パリ間はeasyJetでつないだ。


さて、ビエンナーレ。次号の『CasaBRUTUS』などで詳細なレポートが予定され、

編集部でちょっとレイアウトとか見せてもらったら、おもしろそうだったので、

きちんとした記事はそちらに譲るとして、ここは僕の自分用のメモという程度のもの。


まず、入場券を買う。いつもは入場券を買う代わりに、プレスセンターに行って、

事前に登録してある旨を告げ、記者証を受け取るのだけど、今回は取材ではないので。

入場券を買うと、3D用のメガネが渡される。


入り口付近にある映像展示を見るためだ。

100910vab183

セグウェイを駆って颯爽と登場するのはSANAAの妹島和世さんと西沢立衛さん。

(画面がブレているように見えるのは、3D映画を撮影してるからです)

続きを読む »


教会の近くのお店

10/09/20 | カテゴリー:出張中または旅行中 | | No コメント

博物館や美術館に行けばミュージアムショップをのぞくように、

カソリックの教会があったら、宗教グッズのお店を見てみる。買いはしないんだけど。


100919kyokai53

Versailles, 2010

続きを読む »


「石上純也—建築のあたらしい大きさ」@豊田市美術館

10/09/19 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

今年のヴェネツィア建築ビエンナーレで金獅子賞、昨年は日本建築学会賞を

受賞した気鋭の建築家、石上純也氏(1974年生まれ)の展覧会が

豊田市美術館で始まった。「石上純也—建築のあたらしい大きさ」。12月26日(日)まで。

 

100918ishigami11

展示作品の調整をしている石上純也氏。

 

石上氏の展示のいいところは、建築の展覧会にありがちな図面、プランスケッチ、

模型、CG映像などを多用したものではなく、実際に建築物が建ち上がること。

作業的にも、予算的にも大変なのだが、常にそれを成し得ていると思う。

彼が考えてることを、美しくわかりやすく展示するとてもいい展覧会。

残念ながら、設置が完了してない作品もあるし、

また、作品の性質上、倒壊してしまっているものもある。

美術館に望みたいのは、その日、どういう状況で見られるかをウェブで伝えること。

完全な形でなくても、見てイメージすることは意味があることだが、、

どうしても完成形で見たい人にはその要求に応えてほしい。

東京から3時間もかけて行って、どんな状態で見られるかがわからないのでは

ちょっと残念である。「作品が完全でないので後日もう一度どうぞ」と

招待券を渡されても、そんな簡単には行けない場合が多い。

また、見学者はTwitterなどで、情報を交換しながら、出かけるのがいいと思う。

現在、石上氏は、東京の資生堂ギャラリーで「「石上純也展 建築はどこまで小さく、

あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」という展覧会と

ヴェネツィア建築ビエンナーレのアルセナーレ会場でも展示をしている。

ヴェネツィアはともかく、東京の展示も併せて見ることをお薦めしたい。

こちらは、10月17日(日)まで。

続きを読む »


花が咲いているから

10/09/18 | カテゴリー:写真帖 | | No コメント

花たちは咲き競うもの。


100912pola1

続きを読む »


旅の写真帖—2010年秋、パリ

10/09/17 | カテゴリー:写真帖 | | 2 コメント

パリほど多くの写真家に愛された街はないかもしれない。


100911paris04

Paris, 2010

続きを読む »


僕の夏休みはやはり昆虫観察

10/09/16 | カテゴリー:未分類 | | No コメント

夏休みは昆虫採集、観察の季節で、それは子どもの頃からずっとそうで、

こういうのって、いくつになっても引きずるものみたいだ。


ヴェルサイユにも植物園があったので、見学してきた。

王立植物園的なものとか、教会附属の植物園とかよくある。


今回も花とか、果実とか、昆虫を観察した。

ミツバチがせわしなく働いている。

100912plant08

花は八重咲きのヒャクニチソウ(ウラシマソウ)かな。

続きを読む »


パリの雑記帖

10/09/15 | カテゴリー:出張中または旅行中 | | No コメント

パリを歩けば。


この展覧会を見た。描かれたり、写されたスカルを集めた。

このポスターはロートレック。意外? ジョエル・ピーター・ウィトキンの写真も数葉。

honey.comエディターの服部さんが教えてくれた。

100914paris16

Fondation Pierre Bergé Yves Saint Laurent にて。9月19日まで。


続きを読む »


〈MURAKAMI VERSAILLES〉内覧会&パーティー

10/09/15 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

現地時間13日も20時から内覧会とパーティーでした。

この日は月曜日なので、庭は見学できるものの、宮殿内は休館ということで

取材も行われました。なので、昨日と違い、昼間の写真を掲載します。

作品は前回のトピとダブっているものもありますがご了承ください。

今回も作品タイトルならびに設置場所名は英語資料に基づいて表記します。

作品はすべて、©Takashi Murakami/kaikaiKiki Aii Rights Reserved.

 

100913muraver590

Kaikai & Kiki@The Venus Salon


続きを読む »