「三菱が夢見た美術館」@三菱一号館美術館

10/08/30 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=7357

「三菱が夢見た美術館―岩崎家と三菱ゆかりのコレクション」展

三菱一号館美術館で始まっている。11月3日(水・祝)まで。

岩崎家や三菱グループのコレクションはどちらかというと公開されることが

少ない方だが、今回、三菱一号館美術館の開館から間もないこともあり、

実現した展覧会なのだろう。

近代西洋絵画や近代日本人画家による洋画などさすがにいいものがある。

茶道具や日本画、古典籍などからも数は少ないが展示されている。


100823mitsubishi0

展覧会カタログ表紙周り。黒田清輝「春の名残」1908(明治41)年 三菱重工株式会社


100823mitsubishi1

展覧会のチラシ。岸田劉生「童女像(麗子花持てる)」1921(大正10)年 個人蔵


撮影できない部屋や撮影できない作品、1点撮影ができないなど

制約が多かったので、写真が見づらいかもしれない。

個人蔵作品が多く、また、一部著作権が残存しているので仕方がないことだ。


 100823mitsubishi05

左:山本芳翠「花」制作年不詳 三菱重工株式会社

右:黒田清輝「春の名残」1908(明治41)年 三菱重工株式会社


100823mitsubishi07

左:山本芳翠「十二支のうち戌[祇王]」1892(明治25)年 三菱重工株式会社

中:山本芳翠「十二支のうち午[殿中幼君の春駒]」1892(明治25)年 三菱重工株式会社

右:山本芳翠「十二支のうち丑[牽牛星]」1892(明治25)年 三菱重工株式会社


100823mitsubishi12

手前:国宝 曜変天目(稲葉天目)建窯 大名物 静嘉堂(9月5日[日までの展示)

奥左:唐物茄子茶入(松本茄子[紹鷗茄子]) 大名物 静嘉堂

奥右:唐物茄子茶入(付藻茄子[松永茄子]) 大名物 静嘉堂


100823mitsubishi14

奥のケース内:三橋釣客「地球一覧図」天明3(1783)年頃 東洋文庫

手前のケースは東洋文庫所蔵の貴重な古典籍類。


100823mitsubishi16

左:ゲオルギー=ヘミング ポスター「AROUND THE WORLD」1932(昭和7)年

中:ポスター「CHANCE TO VISIT」(豪州版)1936(昭和11)年

右:ポスター「CEYLON STRAITS CHINA & JAPAN / NIPPON YUSEN KAISHA」

1908(明治41)年 以上、日本郵船歴史博物館

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。