森村泰昌「なにものかへのレクイエム」記者発表

10/02/09 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=3428

森村泰昌「なにものかへのレクイエム—戦場の頂上の芸術—」

東京都写真美術館で3月11日(木)〜5月9日(日)に開催される。

その記者会見と映像作品の試写があった。巡回予定は後述。

100208morimura0

↑2007年、ヴェネツィアにて。


森村氏はどちらかというと女性に「変身」した作品を作ることが

多かったのだが、この⟨なにものかへのレクイエム⟩シリーズでは

20世紀を建設し、争い、破壊した男たちに扮している。

チェ・ゲバラ、アドルフ・ヒットラー、ウラジミール・レーニン、

毛沢東、サルバドール・ダリ、パブロ・ピカソ、三島由紀夫…。

一部はこれまでにも、シュウゴアーツや、ヴェネツィアビエンナーレと

同時開催の企画で発表されてきたが、本展が総集編になる。

100208morimura1

また、映像作品「海の幸・戦場の頂上の旗」が制作された。

戦争の世紀であった20世紀。その象徴的なシーンが芸術と絡み合い、描かれる。

また、森村の個人史、両親のことまでも重ね合わせられ、まるで、それは

脈絡がなく、全世界にとっての20世紀の歴史的な瞬間と森村家の営みが

同次元で現れる距離感の喪失は、森村がたまたま見た夢のようでもある。

100208chirashi

↑展覧会のチラシ


100208morimura2

↑試写に続いて行われた記者会見。質疑応答の模様。


本展は下記の日程で巡回予定(会期が近づいたら各館に確認のこと)

・豊田市美術館 6月26日(土)〜9月5日(日)

・広島市現代美術館 10月23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)

・兵庫県立美術館 2011年1月18日(火)〜2011年4月10日(日)

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes