サイバーアーツジャパン@東京都現代美術館

10/02/02 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=3252

「サイバーアーツジャパン—アルスエレクトロニカの30年」東京都現代美術館で始まった。

オーストリアのリンツ市で開催されるメディアアートの祭典〈アルスエレクトロニカ〉は、

30周年を迎えた。本展はそれを記念して、これまでの日本からの参加作品や

さらに、宇宙芸術など新領域を含め展望するエキジビションである。

100201meiwa

↑明和電機のミニパフォーマンスもあった。久しぶりに兄・正道氏登場


100201meiwaotama

↑昨年発表したオタマジャクシ型電子楽器「オタマトーン」を実演


100201mvehicle1

↑横浜美術館館長・逢坂恵理子氏が岩田洋夫氏の「Media vehicle」を鑑賞する


100201hachiya

↑八谷和彦氏のポストペットの部屋インスタレーション


100201lifewriter

↑クリスタ・ソムラー&ロラン・ミニョー「Life Writer」


100201morphotower

↑児玉幸子氏の「Morpho Tower」


100201ookinakuukinohito

↑鈴木康広氏らが羽田空港で展示した〈空気の港〉より「大きな空気の人」


100201kokagenoscreen

↑ソファに掛け、見上げるとプロペラに映像が。写真ではプロペラにしか

 投影されてないが、肉眼では残像効果でもっと見える。「木陰のスクリーン」


このほかにも、3D映像があったり、アナログレコードを使ったいくつかの

作品〜切って線路を作った鉄道模型や同時に複数のトーンアームを置いた作品〜

などなど、いろいろな作品があって興味は尽きない。

関連記事はありません。

1 コメント {コメントする}
  • さなぁえ

    もう大分バックデートになってしまいますが、やっぱりコメントしちゃいます。
    都現美に観に行ってきました。
    アーティストとサイエンティストに必要とされる素養の共通点がいかに多いことか、と感じさせられました。
    クリスタ・ソムラー&ロラン・ミニョー「Life Writer」と児玉幸子さんの「Morpho Tower」には心を鷲づかみされて、理論、方法論とかに裏打ちされた『美しさ』みたいなものを感じました。
    http://sanaegogo.exblog.jp/12387039/

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes