Kawaii 日本美術―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで―

14/01/06 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=19422

「Kawaii(かわいい) 日本美術―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで―」が

山種美術館で1月3日(金)から始まり、正月早々たいへんな賑わいを見せている。


2014-01-06 14.41.32

伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》(静岡県立美術館)は後期(2/4~3/2)の展示

プライスコレクションの《鳥獣花木図屏風》の類似作品。


見ればわかる。ほのぼのとする。愛おしい。

日本美術の中から(一部、洋画も)そういう作品を集めて構成された展覧会。

タイトルを“Kawaii”としたところがポイントだろう。

今や“Kawaii”は日本語を超えて世界で通用する言葉だ。

描かれた子どもや動物。思わず目を細めたくなる彼らの絵や、

素朴なのに胸を打つ熊谷守一の作品、郷愁を誘う谷内六郎の作品まで。

「Kawaii 日本美術―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで―」

3月2日(日)まで山種美術館にて。

会期中、一部展示替えがある。後期は2月4日(火)〜3月2日(日)

休館日:月曜日(但し、1月13日は開館、1月14日は休館)

入館料:一般1,200円 大高生900円 中学生以下無料



以下、展示風景の一部をお届けする。写真は内覧会で許可取得の上、撮影したもの。


2014-01-06 14.42.45

伊藤若冲《伏見人形図》寛政11年 山種美術館


2014-01-06 14.44.33

小出楢重《子供立像》大正12年 山種美術館

五歳になる長男を描いた。


2014-01-06 14.47.35

伝 長沢芦雪《唐子遊び図》江戸時代 山種美術館


2014-01-06 14.50.45

伊藤小坡《虫売り》昭和7年頃 山種美術館


2014-01-06 14.51.08

川端龍子《百子図》昭和24年 大田区立龍子記念館

© Minami Kawabata & Ryuta Kawabata 2013 / JAA1300195


2014-01-06 14.56.08

《藤袋草子絵巻》(部分)室町時代 サントリー美術館[前後期で巻替]


2014-01-06 14.55.03

《藤袋草子絵巻》(部分)室町時代 サントリー美術館[前後期で巻替]

展覧会カタログより

「室町時代から江戸時代にかけて流行した短編の物語を総称して〈お伽草子〉という。

本作品もその一つ。

人間らしい仕草や会話など、表情豊かに擬人化された猿たちが愛らしい。

※あらすじ

近江国に住む翁の娘を、畑仕事の代償に猿が嫁として山奥に連れ去ってしまった。

泣いて臥せってる娘を慰めるため、猿たちは果物を採りに行くことにした。

その間、娘を藤袋に入れて木に吊したが、通りかかった狩人に娘は助け出され、

狩人は娘の代わりに犬を入れた。戻ってきて藤袋を開けた猿たちは、

犬に食い倒されてしまう。娘は狩人と結婚し幸せになった。

これは清水の観音の利益と説いて、物語は締めくくられる。」



2014-01-06 14.59.24

狩野永良《親子犬図》江戸時代 静岡県立美術館

子犬たちが本当にかわいい。


2014-01-06 15.06.02

柴田是真《墨林筆哥》(全30図より、部分)明治10-21年 山種美術館


2014-01-06 15.06.54

伊藤若冲《托鉢図》寛政5年 


順路最後の方では熊谷守一や谷内六郎(共に著作権継続中なので撮影不可)の作品が並び、

これらがまた、心和ませてくれる。

 

プレス内覧会では同美術館顧問の明治学院大学・山下裕二氏から解説があった。

2014-01-06 14.21.02

展示中の伝 長沢芦雪《唐子遊び図》は「琴棋書画図」の見立てであることや、

現在、江戸東京博物館「大浮世絵展」で展示中の《彦根屏風》も同様に

「琴棋書画図」の見立てである説明をしてくれた。

また、「Kawaii展」後期展示の伊藤若冲《樹下鳥獣図屏風》はある意味、

仏画であるという話も。

本展は初日から、1,000人もの動員があるなど、人気ぶりも報告された。


今回、オリジナルグッズもいくつか開発されている。

たとえば、これ。

2014-01-06 15.21.39

六兵衛窯 “布袋置物”。伊藤若冲《伏見人形図》の人形を京焼で作った。

〈大〉各7,600円 〈小〉各3,600円(本体価格=税別)


また、山種美術館恒例だが、展覧会にちなんだ和菓子がカフェで提供される。

お茶セット1,000円 お抹茶セット1,100円 和菓子のテイクアウト1個500円。

2014-01-06 15.22.19

左上 “ほたる火”:熊谷守一《ほたるぶくろ》(静岡県立美術館)より

左下 “初夢”:伊藤若冲《伏見人形図》より

中 “波とうさぎ”:守屋多々志《波乗り兎》より

右上 “春着”:小茂田青樹《愛児座像》より

右下 “雲鶴”:上村松園《折鶴》より

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes