雑誌『GOETHE』掲載 KRUG Mission

13/05/11 | カテゴリー:編集プロセス | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=18986

シャンパーニュKRUGが主宰する《KRUG Mission》に参加して、

その模様が発売中の雑誌『GOETHE』に掲載されているので報告。

もともとは昨年、茂木健一郎さんと僕がダブリンに保存されている

フランシス・ベーコンのアトリエを見に行ったとき、

床にKRUGの空き箱が散乱していて、そのことをKRUGの日本の広報担当の方と

話す機会があり、そんな流れで今回の《KRUG Mission》のテーマが

フランシス・ベーコン、彼とKRUGのマーベリック(孤高)さについて、

みたいなことになった。


130511krug1

東京国立近代美術館のエントランスホールをディナー会場に仕立てた。

(本文はフィルターで読めなくなっています。すみません。本誌をご覧ください)



ベーコンは酒をこよなく愛し、とりわけシャンパンが好きだったのだが、

美術史におけるフランシス・ベーコンという画家の一匹狼的存在感と、

数あるシャンパーニュの中でも、KRUGが占めるポジションの孤高さ。

そんな共通点から話は始まった。


130511krug2

出席者は茂木健一郎さん、保坂健二朗さん(東京国立近代美術館学芸員/写真中央)、

西野亮廣さん(タレント)、ローラン・グナシアさん(アートディレクター)ら、

全部で12名の男性。


130511krug9

『GOETHE(ゲーテ)』2013年6月号 幻冬舎 750円

この号には、建築家・安藤忠雄さん、ベネッセホールディングス会長の福武總一郎さんが

オープンしたばかりの《ANDO MUSEUM》について語っていたり、

滝川クリステルさんの連載対談のゲストがアーティストの村上隆さんだったり、

知ってる人が多く出ていたりして、読み込んでしまった。

あ、そうそう。メインの特集は

「肉体を進化させ、本当の人生を生き抜け! 美しい男 2013」でした。


きっかけとなった旅。

茂木健一郎さんとダブリン市立ヒューレーン美術館に保存されている

ベーコンのアトリエ(もとはロンドンにあった)を訪ねたときのカット。


130511krug5

フランシス・ベーコン展は東京国立近代美術館で5月26日(日)まで開催中。

そのあと、豊田市美術館で6月8日(土)〜9月1日(日)まで開催。


関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes