マシュー・モナハン:哀れみの来襲 -coup d’pietà

12/11/18 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=18238

マシュー・モナハン「哀れみの来襲 -coup d’pietà」展が開催されている。

Kaikai Kiki Galleryにて。12月22日まで。

明らかに人体を象った彫刻ではあるものの、抽象の要素が見え、

プリミティブであること、モダニズムを敷いていること、

繊細であること、暴力的であること、

さまざまに二律背反の形相を見せながら、そこに佇む。

ギャラリーを主宰する村上隆氏が待望した作家の展覧会が実現した。


121116mathew28

《偉大なる鷹匠》2012 




以下の2つの作品などは村上氏の立体作品に通じるように見える。




121116mathew40

《王座1》2012


121116mathew39

《王座2》2012



121116mathew57

《魔女の塔》2012


121116mathew63

《フィニッシュ・ライン》2012



オープニングは盛況だった。


121116mathew67

アーティストの奈良美智さんも駆けつけた。久々のツーショット。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。