6月、仲條正義さんの展覧会があるので。

12/05/17 | カテゴリー:編集プロセス | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=16536

6月23日(土)から、資生堂ギャラリーで

グラフィックデザイナー仲條正義さんの展覧会

「忘れちゃってEASY思い出してCRAZY」があり、

それについて、現代美術家の束芋さんに原稿を書いてもらうため、

仲條さんのご自宅兼アトリエに話を聞きに行った。


120513nakajotamaimo2

インタビューを終えて、仲條宅前で。


束芋さんは高校生の頃、手に取った当時の『花椿』のデザインや

学生時代を過ごした京都にある細見美術館のロゴなどのグラフィックワークが好きだった。

それが仲條さんの仕事と知り、自分でもデザイナーを志すきっかけになった。

結局、束芋さんはデザイナーではなく。アーティストになり、

2006年、原美術館での個展「ヨロヨロン」のカタログの表紙デザインを

仲條さんにお願いする縁があった。


120513nakajotamaimo1

仲條さんのアトリエで、デヴィッド・ホックニー先生風に撮ってみた。

つなぎ目が見えないきれいなパノラマ写真よりも

こういう方が表情が見えて、ちょっと楽しい。


この取材の成果は、ブルータスの7月1日発売号に掲載する予定です。

その号が出たら、またお知らせしますね。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。