『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』

12/03/03 | カテゴリー:日記的 | | No コメント

トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=15914

映画『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』

現存する世界最古の壁画を有する南フランスのショーベ洞窟の内部を3Dで撮影した

ドキュメンタリー映画。監督・出演は「フィッツカラルド」、

「神に選ばれし無敵の男」のヴェルナー・ヘルツォークだ。

1994年に発見されたその洞窟の奥には、あまりにも永く入口がふさがれていたなど、

いくつもの幸運に恵まれ、3万2000年前に描かれた壁画が奇跡的に

当時のまま現存していた。貴重な遺跡が劣化しないように、

通常はごく限られた研究者だけが入場を許可される洞窟内にヘルツォーク監督以下、

4人だけが入り、3Dカメラによる撮影が実現。

すばらしい絵を見ながら、古代の人たちのことをいろいろ考え、遠い過去に思いを馳せる。


本日3月3日からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で3週間限定ロードショー。


120301dokutsu01

馬やサイがなんと生き生き描かれていることだろう。


時空を超えた旅に引きこまれる喜びを感じる映画だ。


120301dokutsu02

足場も悪く、制約の多い撮影だが、壁画の素晴らしさとスタッフの熱意ある撮影により、

目の離せない映像、興味深いインタビューが続き、惹きつけられる。


先日、試写とイベントがあった。

写真家・冒険家 石川直樹さんと写真家・多摩美術大学教授 港千尋さんの対談。

120301dokutsu31

洞窟壁画を熱心に見に行き、撮影をしている石川氏。

フランスも活動のベースにひとつにしている港氏。

ともに写真を表現手段にしているが、

3D動画という表現に多少嫉妬している様子が見て取れた。

自然が生んだ洞窟の凹凸を利用し、見立て、そこに絵を描いているので、

写真では表現しきれないもどかしさをいつも感じていると石川氏は語る。


動画も配信された。


Video streaming by Ustream

会場にいた糸井重里さんにもマイクが振られた。

120301dokutsu36

糸井さん「洞窟の中にいた3万年前の芸術家にあこがれと深い敬意を持ちました」。

関連記事はありません。

コメントを書く

※送信ボタンを押す前に、下の画像認証欄に、
画像に表示されている文字を入力してください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes