Archive for ‘美術展’

「会田誠展:天才でごめんなさい」森美術館

12/11/17 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

森美術館で「会田誠:天才でごめんなさい」が始まった。

3月31日(日)まで。


会田誠作品を語るキーワードはいくつもある。

エロティック、グロテスク、ロリコン、猟奇的・・・、

その一方、風刺的、政治的、社会的、反社会的、哲学的・・・。

そしてそれらが、主として歴史的な日本美術作品に想を得ているのも特徴だ。

この展覧会では会田作品のほぼ全貌を見渡すことができるので、

まずは作品を見てほしい。

好きになるのも嫌いになるのも、自分なりの解釈を与えるのもそれからだ。


121116aida210

会田誠さん。1965年、新潟県生まれ。

背景の作品は《ジャンブル・オブ・100フラワーズ》2012-制作中


例によって、多くの作品、展示風景の写真をクリップしてあります。

展覧会でまず実物を見たい、という人はここまでにしてください。

続きを読む »


「かなしゃ展」

12/11/12 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

 

『かなしゃ』とは、与論島に住むアーティストたちで年一回発行している雑誌で

今年で3号目になるのだという。

南の美しい海や島のゆったりした時間。そういう都会人なら誰もが

ふと憧れるようなものばかりでなく、

島の歴史や風習、文化、島の人たちの生活を伝えたいと考えている。


その『かなしゃ』に作品を寄せるアーティストたちによる展覧会「かなしゃ展」

中野ブロードウェイ〈Oz Zingaro〉〈Hidari Zingaro〉〈Kaikai Zingaro〉

3か所にて、開催。11月19日まで(短い!)


121110kanasha30.58

上:吉村俊恭《光》

下:吉村俊恭《影》


続きを読む »


ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」

12/11/11 | カテゴリー:美術展 | | 1 コメント

 

121110homma26.50

 

ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」が開催されている。

11月30日(金)まで。BoConcept(ボーコンセプト)南青山店

協力:Casa BRUTUS(マガジンハウス)


続きを読む »


デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス

12/11/10 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

デヴィッド・リンチのペインティングと映像の展覧会

「デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス」

ラフォーレ原宿で始まっている。12月2日(日)まで。


121109lynch06.21


続きを読む »


特別展「中国 王朝の至宝」

12/11/09 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「中国 王朝の至宝」から、

一部の展示物をクリップしておく。

展覧会は12月24日(月)まで東京国立博物館にて。以後3か所巡回あり(詳細下記)。


121108china18.36.39

左:《跪俑》陶、彩色 秦・前3C

右:《跪射俑》陶、彩色 秦・前3C

続きを読む »


横尾忠則 初のブックデザイン展

12/11/08 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

数々の美しい本を生みだしてきた横尾忠則さんのブックデザイン展が開催中だ。

「横尾忠則 初のブックデザイン展」。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)にて、11月27日(火)まで。

多彩な彼の仕事の中でもブックデザインにも名作が多いのだが、

タイトルにもあるように、なんとこのジャンル、「初の」展覧会とは驚きだ。


グラフィックデザイナー、イラストレーターとして60年代からキャリアをスタートし、

80年代には「画家宣言」。しかし、現在にいたるまで、ブックデザインの仕事を

こなし続けている。


展覧会には名作単行本の数々や、表紙ディレクションを手がけた雑誌の表紙が

ずらりと並んでいる。

多くの展示作品から、少しだけ紹介しよう。

121107yokoo25

細江英公・三島由紀夫

『薔薇刑 新輯版』

集英社|1971

続きを読む »


宮永愛子「なかそら—空中空—」

12/11/07 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

宮永愛子さんの 個展「なかそら—空中空—」(最後の「空」は鏡文字)が

国立国際美術館で10月13日[土]から始まっている。12月24日[月・]まで。

国立新美術館でのグループショーもいい作品だったが、今回は個展。

力のある新人作家のすばらしい美術館個展デビュー。

 

121013miyanaga11

《butterfly》のシリーズが広い部屋で展示されている

続きを読む »


William Klein + Daido Moriyama

12/11/05 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

TATE Modern(ロンドン)でウィリアム・クライン氏と森山大道氏の

展覧会が始まっている。これは一つの展覧会でタイトルは、

「William Klein + Daido Moriyama」。1月20日(日)まで。

121008moriyama62

先日、ロンドンに行ってたときに、内覧会があったので、見てきた。

続きを読む »


山口晃 平等院養林庵 奉納襖絵

12/11/04 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

画家の山口晃さんが平等院内にある重要文化財の養林庵書院に襖絵を奉納し、

現在、公開されている。

山口晃 襖絵奉納記念『重要文化財養林庵書院』特別公開


公開日:11月3日(土・祝)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、

23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、12月1日(土)、2日(日)

時 間:10:00~15:00(退室時間)

拝観料:1300円(平等院拝観料込み。鳳凰堂は改修工事中。拝観不可)

121103yamaguchi095

鳳凰堂の裏手に位置する養林庵。通常は拝観不可。

この先は襖の写真がありますので、

実物をまず見たい人はここまで。

続きを読む »


横尾忠則現代美術館

12/11/03 | カテゴリー:美術展 | | No コメント

横尾忠則さんは兵庫県西脇市(当時:多可郡西脇町)の出身だ。

その兵庫県に横尾忠則現代美術館ができた。

彼の作品と資料の展示、保管、整理、研究を目的としている。

また、横尾氏以外の作家の作品展示も予定しているようだ。

開館記念展として、2013年2月17日(日)まで

「開館記念展I 横尾忠則展 反反復復反復(はんはんぷくぷくはんぷく)」が

開催されている。


以下、展示作品の一部をクリップしておく。


121102yokoo978

左:《男の死あるいは三島由紀夫とR.ワーグナーの肖像》1983年

右:《理想の実現》1994年


121102yokoogaikan

横尾忠則現代美術館

〒657-0837

神戸市灘区原田通3-8-30

(兵庫県立美術館王子分館)

TEL: 078-855-5602

阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分

JR 灘駅 徒歩約10分

続きを読む »


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes